【データ作成講座】カラーモードについて解説します!

こんにちは、型抜き印刷ドットコムです。
 
 
弊社のある札幌市もすっかり春めいてきて
あたたかい日も増えてきました!
 
まだ桜には早い地域ですが、
長い冬で待ち遠しかった開花も
今か今かというワクワクに変わってきている気がします。
冬来たりなば春遠からじ、ですね。
 
 
 
さて今回は、久々のアレ、やりますか…
 
 
【データ作成講座】!!です!!
 
 
 
今回は【データのカラーモード】について説明致します。
 
型抜き印刷ドットコムによく入稿される
カラーモードは大きく分けて
【RGBカラー】【CMYKカラー】の2種類です。
 
210331-2.jpg
 
 
型抜き印刷ドットコムでは
【CMYKカラー】というカラーモードでできたデータの色を
CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・キープレート(黒))
4色のインクで色を表現して印刷します。
 
そのため、データ入稿時は
【CMYKカラー】でのデータ作成・入稿をお願いしております。
 
 
それに対し【RGBカラー】は、
【テレビやパソコン等のディスプレイ上で表現される色】です。
 
もしRGBでデータを作ってしまった場合でも、
ご入稿時に弊社で自動的にCMYKの色に変換ができます。
 
 
でも、RGBはCMYKよりも表現できる色数が多いため、
RGBカラーをCMYKに自動変換すると、
色味が少しくすんだ色に変ってしまう可能性があります!
 
210331-4.jpg
そのため、イラストレーターやフォトショップで
データを作成されている方は、
最初から【CMYKカラー】でデータを作っておくといいかと思います!
 
JPEGやPDF等の画像形式でご入稿される場合、
CMYKカラーでデータをご用意いただくのが難しい場合が多いので
下記例を参考に、できるだけ【RGBからCMYK自動変換時に変わりやすい色】
使わずにデザインをご作成いただくことをおすすめします!
 
210331-1.jpg
 
 ※これ以外の色でも色味が変動する可能性があります。
  弊社ではどのような色味がどう変わるのかなど、
  色味について詳細なご案内はできませんので、
  すみませんがあらかじめご了承ください!
 
 ※型抜き印刷ドットコムでCMYKカラーに自動変換して進行する場合は
  必ず自動変換後のデータの確認用画像をお送りします。
  画像を確認していただいてからの進行となりますので、
  その点はご安心ください!
 
 ※色味の微調整は弊社では行いませんので
  あらかじめご了承ください。
 
===================================================
 
 
いかがでしたか?
カラーモード…普段はあまり気にしてないのに
意外と奥が深くて、侮りがたい存在です。
 
皆様にご入稿いただいたデータを
できるだけ思い通りの色味で印刷するためにも
ぜひともご入稿前に、データのカラーのご確認をお願いします!
 
 
 
 
型抜き印刷ドットコム ホームページ
b-top.jpg
 
◎無料サンプル請求フォームは こちら
 
◎ご注文フォームは こちら
b-tyumon.jpg
 
◎お問い合わせフォームは こちら
b-toiawase.jpg
 
◎かんたん自動見積りフォームは こちら
b-jidou.jpg
 
 
2021年4月 1日 |

サイドメニュー

型抜き印刷.com

その他メニュー